転職コラム

エンジニアの服装は自由な会社が多い?

更新日:

エンジニアの服装

エンジニアの世界で働いていない方は知らないかもしれませんが、エンジニアの会社では「服装が自由」な事が多いんです。作業着で、スーツでという決まりが無いので自分の好きなファッション、スタイルで通勤することができるのですが、それでも注意ポイントはたくさんあります。服装が自由な職種だからこそ仕事に活かせる上手なコーディネートを心がけましょう!

エンジニアの職場ファッションについて

皆さんは服装自由を聞いてどのようなスタイルで通勤しますか?動きやすいファッションやお気に入りのファッションなど色々あるかと思いますが、毎日コーディネートを考えるのも大変かと思います。ネタ切れで困っているという方も多いのではないでしょうか?そこで、今回はネタ切れ時のおすすめファッションやコーディネートをするうえでの注意ポイントなどをご紹介したいと思います。

ネタ切れ時におすすめのエンジニア向けファッション

ネタ切れでいつも同じようなファッションで通勤している方へ!ネタ切れ時におすすめのエンジニア向けファッションをいくつかピックアップしてみました!まずは定番の「ジャケパン」スタイル!ジャケパンとはジャケットとパンツを組み合わせたファッションの事を言います。映画やドラマでもよく見かけますよね。スーツのキッチリ感と私服のラフ感があり、オフィスカジュアルの基本とも言えます。ジャケットとパンツを何枚か揃えておけば、カラーバリエーションも豊富になるので中のシャツを替えるだけでも印象が変わります。冬はハイネックと組み合わせるのもアリ。

次は柄シャツ×ジーパン。これも定番でよく見かけるスタイルですが、シンプルにコーディネートできるのでファッションに自信が無いエンジニアの方にもオススメします。無地のシャツとの組み合わせよりちょっとだけオシャレ感が出せます。これにフチメガネやハット、ネクタイなどを組み合わせるとさらにオシャレ感UP!いつもスーツやジャケパンが多い方も、たまに柄シャツ×ジーパンのコーディネートをすることによって良いギャップを生み出すことができます。

柄シャツの上からニットを被れば知的な印象、落ち着いた印象を与えます。オシャレなコーディネートが苦手という方にもオススメ。

違うファッションを続けるのではなく、1ジャンルのファッションの色や柄を色々と組み合わせて回していった方がネタ切れになりにくいのでお勧めですよ。カジュアルなファッション
は私服でも十分に活用できるので無駄になる事がありません。

コーディネートをするうえでの注意点まとめ

「清潔感」を心がける!

いくらファッションが自由だからといっても「清潔感」を欠くようなスタイルはオススメしません。ダメージジーンズを履いてみたり、髪型を大胆にしてみたり・・・一見、個性的に
見えますしセンスもありますが、誰にでも良い印象を与えるとは限らないのです。エンジニアは交流や人脈が大事。より良いコミュニケーションをするためにも日頃のファッションの
「清潔感」は大事にした方が良いです。自由な服装はその人の魅力や雰囲気、印象に繋がるので疎かにしてはいけません。

「価格」を気にしすぎない!

高価な服=オシャレ、印象が良いといったイメージがある方も多いと思いますが、頑張って高いズボンやジャケットを揃える必要はありません。趣味でもないファッションでお金を使い過ぎて
しまっては本当のプライベートを楽しめなくなってしまいます。価格がリーズナブルなものでも清潔感のある良いファッションはたくさんありますので、高さだけにこだわらないように
しましょう。エンジニアにとって第一印象を左右するファッションですが、最後に大切になってくるのはやはり自分の技術やスキルなので深く悩みすぎないように注意。

まとめ

服装が自由な会社が多いエンジニアの仕事ですが、中には「スーツ」の指定がある会社もあります。職場を選ぶ際はきちんと服装の項目もチェックしておきましょう。

-転職コラム

Copyright© エンジニア転職ナビ , 2019 AllRights Reserved.