プログラミング基礎知識

プログラミングでのタイピング上達方法

投稿日:

プログラミングとタイピング

プログラミングにおいてタイピングのスキルを上げる、つまりスピードを上げる事は非常に重要な事!いくらプログラミングのスキルや知識があっても、打ち込むスピードが遅ければ生産性がグっと下がってしまいます。プログラマやエンジニアを目指している方はぜひ、プログラミングの練習と共に「タイピング」の練習も行ってみましょう。タイピングが苦手な現役プログラマやエンジニアの方もチェックしてみてくださいね。

タイピングの速さは様々なシーンでメリットとなりますので、練習しておいて損になる事はありません。できるだけ毎日キーボードに触るようにし、タイピングのコツを少しずつ掴んでいきましょう。

タイピングのスピードを上げる3つのコツ

プロのプログラマやエンジニアの方は驚くほどタイピングが速い方がたくさんおります。どうしてそんなに速く、しかも正確にタイピングできるのか不思議ですよね。
タイピングは「慣れ」とも言いますが、やはりコツを掴んでいるのとそうでないのとではマスターするまでの時間に大きな差が出てしまいます。そこで、まずはタイピングのスピードを上げる3つのコツをご紹介しましょう。

1.キーボードの文字位置・配列を覚える!

まずは基本中の基本。キーボードの文字位置や配列をきちんと覚えるようにしましょう。キーボードの文字位置や配列をしっかり覚えていないと確実に打ち間違えが起こり、
仕事でも大きなミスに繋がってしまいます。ポイントは見て覚えるのでは無く、「指で覚える」という事。見て覚えるといちいちキーボードを見ながらタイピングしなくては
いけなくなるので非常に効率が悪いです。指で覚えてしまった方がコツを掴みやすいと思います。

2.全ての指を使って打ち込む!

10本の指をフルに使う事によって、タイピングのスピードが大幅にUPします。まれに独学で中指や人差し指しか使わないといった方もいますが、これだと他の指が休んでいる
状態なので非常に勿体ないです。タイピングスピードは全ての指を使った方が確実にスピードがUPします。ホームポジションは右手の人差し指が「Jキー」、そして左手の人差し指が
「Fキー」となります。

3.タッチタイピングをマスターする!

タイピングの一番の目標となるのが「タッチタイピング」。キーボードを見ないで、画面を見ながらタイピングすることを言い、ブラインドタッチとも呼ばれています。ほとんどのプログラマ
やエンジニアの方はタッチタイピングをしっかりとマスターしています。「この人、入力するのが速いな・・・」と思ったら大体タッチタイピングをしています。タッチタイピングは簡単に
マスターできるものではないので、毎日の練習の積み重ねと慣れが大切。目や頭で覚えるよりも指や手、感覚で覚えた方がスムーズにマスターできると思います。

また、目や首を必要以上に動かす事が無いので、長時間タイピングをしても疲れにくいというメリットもあります。タイピングのスピードを上げたい!と思ったら、まずはキーボードの文字位置や
配列を覚え、全ての指で入力するクセをつけ、最終的に手元を見ずにスピーディーなタイピング(タッチタイピング)ができるようになりましょう。

プログラミングにおいてのタイピング練習方法

普段のローマ字入力とプログラミング言語入力は同じでは無いので、タッチタイピングのマスター+αな練習が必要となります。練習方法と言っても、基本的な事は普通のタイピング練習方法と同じ
ですが、思考する時間の方が多いプログラミングにおいてのタイピングは必ずしも「スピード」重視!という訳では無いようです。プログラミング向けの無料タイピング練習サイトなどもいくつか
あるので利用してみると良いでしょう。お金と時間に余裕があるという方はスクールや通信講座で教えてもらうのも良いかと思います。

まとめ

いかがでしたか?プログラミングのタイピングは必ずしも入力スピードが速くなければいけないという訳ではありませんが、速い方がソースコードのチェックに時間が取れますし、生産性も
上がります。今のタイピングスピードに自信が無い方はこれを機会に少しずつ練習していってくださいね。

-プログラミング基礎知識

Copyright© エンジニア転職ナビ , 2019 AllRights Reserved.